●カサゴ目 ハオコゼ科 ◆地方名:オコオジン、ハオコシ、ニガジャコ

★港の防波堤やテトラポッドの間などに居着いている魚で、最近やたらと数が増えている感じがするのがこの「ハオコゼ」。せいぜい10cmぐらいの小型魚で見方によっては愛嬌のある魚だが、背びれや胸びれに毒を出すトゲを持っています。うっかり素手でつかんで刺されると非常に痛いです。それこそ釣りどころでなくなってしまいます。運悪く釣ってしまったら靴底で押さえ、ペンチで針を外すなど取扱に注意が必要です。
★料理:あまり食用にしません。

・成魚 10cm