●サケ目 アユ科/地方名:アイ

★サケ科に近い魚で、北海道から九州までに分布します。前の年にふ化して海で越冬した幼魚は、春になると一斉に河川を遡上します。上流に着くとナワバリをつくり、石に付いた珪藻を食べて育ちます。このナワバリ意識を利用したのが「アユの友釣り」です。
秋になると♀は上流の砂礫底に産卵します。ふ化した稚魚は海に下って越冬し、3〜5月にふたたび群れをなして河川を遡上します。

★料理:塩焼き、カス漬け

・成魚 30cm