●ヤリイカ科・アオリイカ属

★アオリイカは北海道以南の沿岸に分布し、太平洋側では鹿島灘以南、日本海側では福井県の西側以南に多い。大型のアオリイカは、通常は深場に生息しているが、春から夏にかけて産卵のため海岸近くの浅場にやってくる。この時期になると師崎港や豊浜漁港といった知多半島の港の防波堤でも釣ることができる。このアオリイカを釣るには「餌木(エギ)」という日本古来のルアーを使って釣るので、専用のロッドとリールが必要となる。この釣りが若い人を中心に人気を呼んでいる。堤防上の墨のあとで釣れているかいないかが分かる。しかし、このイカの墨あとが漁港を汚すなどの問題も起こしているので取込みに注意が必要だ。
★料理:刺身、天ぷら、煮つけなど

・成魚 50cm